トップページ

    このサイトではMINIの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「MINIの買取相場を調べて高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを思っているならこのページに掲載しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ドイツ車のMINIを高く売るために外せないのが「いくつかの車買取専門店に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近所のMINI正規ディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は絶対に損をするので気を付けてください。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるので簡単です。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することが可能なので、MINI(ミニ)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知られているので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大50社へMINIの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「MINIを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今あなたが乗っているMINIの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札金額を提示するので、ドイツ車のMINIを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    MINIの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もかからずに入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのMINIの買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年間乗ったMINIでも高額買取が実現します。

    最大10業者がドイツ車のMINIの見積もりをしてくれるので、高額査定をしてくれた業者にあなたが大切に乗ってきたMINIを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社がBMWのMINIを査定します。

    できるだけ多くの会社に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較してみることができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用したMINIを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、年間取扱台数は外車のみで1500台。全国対応で出張査定は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した外車買取店なので、輸入車のMINIであれば一般の買取店より高額査定が実現することも多いです。
    なので、ドイツ車のMINIなら最初にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して査定相場を調べてみてください。

    いくつかの買取店に見てもらった後で、最後に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたMINIを売りましょう。







    買取業者などが中古車の査定をする場合に必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。

    半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと取れませんから、この中古自動車査定士の資格所持者は、車の査定の腕前が一定以上であることの証明になると言って良いでしょう。

    インターネットを利用して知ることがかぬな中古車の査定金額というのは、あくまでも簡単な査定方法にて算出した査定額となっています。

    同じ車種の同じようなグレードでもその車ごとに状態は同じではありませんから、詳細な見積額というのは車を目の前で査定しないことにはなんとも言えません。

    そういうわけで、ネットで前もって調べた通りの査定額が必ず実際の現場で表示される訳ではないので、自分で覚えておく必要があるでしょう。

    中古車査定において、へこみやキズがある車はマイナス査定されることが多いです。

    しかしながら、マイナス査定を避けるために査定前に自分でそれらを修理するのは得策ではないでしょう。

    事前に自分で修理しても、個人で直すのにかかった経費より多くグッと査定金額がアップするとは思えないからです。

    売却予定の車を個人で修理するよりも、その中古車を引き取った後に、販売店の方で提携の修理業者にお願いした方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

    できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、市場動向や決算などさまざまな要因で変わってくるので何とも言えません。

    だいたい何社もの査定額を頑張って集める理由は、売却の指針となる相場をつかむことであると同時に、他にも競争相手がいるということで全体的に査定額が高くなることを期待したものです。

    本来の目的さえ満たすものなら、少なかろうと多かろうと意義があるということになります。

    時間と手間を考慮して決めると良いでしょう。

    中古車買取り業者に査定を頼む際には、取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、買い取り先を決めて本契約となったら、必要な書類はひとつやふたつではありません。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、引越しで既に住民票を移してしまっている場合などはそれを証明する書類が追加されます。

    車を売る気持ちが固まったら必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

    車検に通る程度の改造を施した車は、中古車の査定ではどうなるのかというと、現物や店舗次第という感じです。

    例えば改造パーツが流行りの品物であったり現在も人気が高いのなら評価も多少加点してもらえる可能性があります。

    しかしその部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、逆にマイナスをつけられる可能性もあります。

    趣味に走りすぎたものや使用用途が限定されたものも市場ニーズが見いだせないため、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。

    ですから改造車はノーマルの状態に戻して査定してもらい、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。

    自分で所有する車を売ろうとするときには、必要書類の中に車庫証明は入っていません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、自分で手続きすることもできます。

    多少面倒な手続きではありますが、手数料分が節約できますから、自分で行っても良いでしょうね。

    手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。

    「契約書」に書かれている内容を充分に理解して契約すると言うことは、車関連の話に限定されることなく売買契約をするうえではとても大切なことです。

    サインと捺印をすれば、契約書の内容はすべて法律的に有効になってしまうのです。

    記載された中古車の状態は適切か、お金の部分に関してあいまいな点はないか、充分にみていくことが肝心です。

    疑問点が生じたら遠慮せずにスタッフに質問することも重要になってきます。

    車を買い換える際に古い車が不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。

    買ったところで売るのですから、いちいち買取業者に売りにいくのと比較すると単純に考えても手間は半減しますし、気楽という点ではこれ以上の方法はありません。

    けれども、実際の買取価格で比べると中古車専門店による買取とディーラー下取りでは、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくことが挙げられます。

    高値売却を望むのでしたら、やはり買取業者に勝るものはありません。