トップページ

    このサイトではMINIの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「MINIの買取相場を調べて高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを思っているならこのページに掲載しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ドイツ車のMINIを高く売るために外せないのが「いくつかの車買取専門店に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近所のMINI正規ディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は絶対に損をするので気を付けてください。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるので簡単です。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することが可能なので、MINI(ミニ)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知られているので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大50社へMINIの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「MINIを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今あなたが乗っているMINIの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札金額を提示するので、ドイツ車のMINIを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    MINIの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もかからずに入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのMINIの買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年間乗ったMINIでも高額買取が実現します。

    最大10業者がドイツ車のMINIの見積もりをしてくれるので、高額査定をしてくれた業者にあなたが大切に乗ってきたMINIを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社がBMWのMINIを査定します。

    できるだけ多くの会社に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較してみることができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用したMINIを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、年間取扱台数は外車のみで1500台。全国対応で出張査定は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した外車買取店なので、輸入車のMINIであれば一般の買取店より高額査定が実現することも多いです。
    なので、ドイツ車のMINIなら最初にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して査定相場を調べてみてください。

    いくつかの買取店に見てもらった後で、最後に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたMINIを売りましょう。







    沢山の会社に車の一括査定を依頼できるサイトがインターネット上には多くあります。

    そして、個人の名前などの情報を記載せずに査定可能なサイトもあります。

    せっかく査定を依頼しても結果の連絡を受けなくては意味がないので、連絡先だけは教える必要があるのですが、やたらと個人の名前や住所は明かしたくない人には打ってつけでしょう。

    それから、電話なども公開せずに相場が前もって分かるためには、手持ちの車の車種や年式などの情報をメーカーのサイトに入力すると、現在の参考相場が分かる場合があります。

    この参考値は大変大雑把な価格ですから、大して参考になったという意見はないですね。

    中古車買取専門店での査定の際には、カーナビゲーションシステムなどのオプションがついていると基本的にはプラスの査定になることでしょう。

    しかしながら、最近発売された車にはカーナビは標準装備になっていることが多いため、より最新モデルのカーナビでないとグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、カーナビ非搭載だとマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。

    なるべく多くの中古車買取業者に見積もりを依頼してから売却先の業者を決定するのが、なるべく高く車を売却する上で注意することのひとつと言えます。

    同じ時に多数の店舗のスタッフに来てもらい、皆で価格競争をするように仕向けるのも有効でしょう。

    いけないことのように感じる方もいるでしょうが、割と良くある事柄ですから、査定スタッフに気兼ねする必要などないのです。

    話は変わって、契約の時には売買にあたって契約書の全文を充分に読むことが重要になってくるでしょう。

    できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、高額査定を引き出すコツと言われています。

    では何社くらいに依頼すれば良いのかというと、交渉次第というところもあって単純には決められません。

    わざわざ複数の査定を受ける目的は明らかで、比較検討するためと、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。

    そこさえ押さえておけば、複数というのは何十社でも数社でも問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。

    ほんのわずかな手間で売却予定の車の市場価値を知ることができるネットの一括査定サービスというのは、一度使えばその便利さを実感しますが、唯一の欠点といえば申し込み直後から営業電話がどんどんかかってくることがあります。

    深く考えずに仕事と兼用の携帯電話番号で申し込んだりすると、業務に影響を及ぼしかねないため、注意が必要です。

    食事中や仕事中だといっても電話を切ってくれない迷惑な営業マンには、もう他社と売買契約をしたと言うと有効です。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、ボーナスの影響が出やすい9月というのは車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    中古車販売業者の多くは期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。

    ですから査定金額も自然と上向きになります。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、9月というのはまさに売り時です。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくことは、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですが一円でも高く売りたいオーナーには是非やってもらいたいことですね。

    車がキレイに洗車してあってもなくても、自動車の見積額が上乗せされるケースはほぼないのです。

    でも、愛車を丁寧に扱うオーナーであると言うことをアピールする材料となるのです。

    手荒に使っていた人よりも業者側の受けは確実に良いでしょうから、見積もりアップも狙えるというものです。

    所有する車の相場が知りたいなどの理由で、車の査定に出すときに必要になってくるのは車検証だけですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

    普通自動車を売るのだったら車検証に加えて自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印を用意しなくてはなりません。

    これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、普通自動車と軽自動車では再発行をお願いする場所が違うことを知っていると良いでしょう。

    一般的な普通自動車の場合は都道府県の税事務所に行けば良いですし、それ以外の軽自動車のケースでは役所の窓口で再発行してくれます。

    車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

    定番カラーの白や黒はいつでも安定して人気があるため、見積額に上乗せされることが多いでしょう。

    その上、シルバーは定番色であることにプラスしてボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。

    白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、その中古車の査定額が高く見積もりされることはないのです。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、流行っている時期は短くて、買取から売却が成立するまでの間に車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。